2021/02/04の銘柄損益

2021/2/4の株式市場は、月曜日から昨日の水曜日まで上がり続けたので、一旦は利益確定組に押されるかなぁと思っていたが、案の定、今日は全体的に下がってしまい、日経平均は304円安となった。

一方で、米国の長期金利の上昇基調によって、金融株は比較的堅調な動きを示し、三菱UFJなどは決算発表を睨んだ展開で昨日よりも少しだけ上げて500円超えで終了。

地合が悪かったせいもあり、信越化学工業や狙っているファーストリテイリングも下落した。

2021/2/4の午前の動き

日経先物も下がり気味だったし、3日連続で上昇したので今日は利益確定売りが先行するのかなぁというイメージで9時を迎えた。

スタートの寄りつきは28,557円で始まり、10時にかけてジリジリ下げ、一端盛り返したものの、午前の終わりは寄りつき値とそれほど変わらないで終了。

自分の持っている金融株は、寄りつきでは昨日よりも高くスタートしたが、利益確定組に押された印象で下げた。

しかし、三井住友トラストだけは、10時頃に昨日の終値より下がったが、その後は回復し、寄りつき値と同じ様な価格で午前を終えた。

ソフトバンクに関しては、昨日爆上げしたので今日は下げるだろうと予測していた。

実際下がって始まったが、思ったよりは下がらずにすんだ。

2021/2/4の午後の動き

午後は香港や上海が軟調だったことが影響して、日経平均は午前より徐々に下降していき、引けにかけて元気がない相場だった。

保有している三井住友FGは日経に連動するような値動きで、引けにかけて安値を付ける感じで-30円で終わった。

他の三井住友トラスト三菱UFJに関しては、今日の地合にしてはかなり強さを発揮し、前日比プラスで終わることが出来た。

ソフトバンクも思ったほどは下げずに、1,388円で終える事が出来た。

本日のまとめ・反省

今日は自分が保有している銘柄では、ソフトバンク、三菱UFJの決算発表があった。

両社ともに市場の予想を上回る決算を発表してくれたのが、本当に安心できた。

好決算だからといって、翌日は必ず上がるわけではないが、この2つは現物長期ホールド組なので、減配のリスクも減ったし、今後は上昇基調を継続してくれると確信できた。

それと信越化学工業が予想より下がってしまったのが残念だったが、数日前に注文を出していた18,100円で100株追加で買い建てる事ができた。

今日のニューヨーク市場の動き方によっては、明日はもっと下がる可能性もあるが、信越化学工業に関してはこれからまだまだ上昇すると思っているので、少しずつ拾って行ければと思っている。

それとファーストリテイリングも明日さらに下げるような事があれば狙ってみたい。

90,500円で指し値買い注文を出しておいた。この値段で買えれば短期でお小遣いを稼げる可能性が高まるので。。

2021/2/4現在の資産残高

今日は信越化学工業を100株18,100円で追加購入した。

昨日よりはマイナス20万円だが、この下落は想定内。決算発表も良い方向になったので、明日に期待したい。

2021/02/04現在の資産残高

ファーストリテイリングは最近買ってなかったので、もし下がるようであれば是非短期トレードで勝負してみようと思ってる。

Twitterでフォローしよう