2021/02/09朝の銘柄損益

昨日のダウも続伸したが、少し円高傾向になっているので、今日の相場は少し読みづらそうな感じだったが、アメリカの長期金利は上昇傾向に変わりないと思ったので、今日もメガバンクは上昇するかもしれないと期待していた。

しかし、実際は9時頃になると長期金利も下がり気味になった事も影響して、利益確定組に押される一日になった。

ソフトバンクグループファーストリテイリングの大型株が上がった事で日経平均もさらに続伸する結果になったが、金融株を多く保有する自分にとってはマイナスの1日となった。

2021/2/9の午前の動き

午前の日経平均の始まりは、29,435円でスタートとし、好調なスタートに見えた。

実際に金融株も一旦は昨日の終値よりも上昇したが、アメリカの長期金利が調整局面で下がった影響もあって、そこから徐々に下がっていく展開となる。

さらに今日は、三井住友FGをもう1600株追加購入を3,550円で指し値買い注文を出していたので、ジリジリ下降していく過程で購入することとなった。

ソフトバンクも親会社とは違って、9時1分に今日の高値を付けて、そこからグンと下がってしまい、前日の終値を行ったり来たり。

信越化学工業も昨日の終わりをサンドイッチするような動きで、特に大きな動きは無かった。

2021/2/9の午後の動き

午後のスタートは、午前の終値より下がってスタートし、そこから日経平均はもみ合う展開となった。

金融株は、午後になってさらにジリジリ下げていったが、午後2時頃を底値として少しリバウンド傾向となる。

  • 三菱UFJ:517円(-2.6円
  • 三井住友FG:3,523円(-47円)
  • 三井トラスト:3,463円(-36円)

結局、終値は上記の結果となり、利益確定組に押されてしまった。そんな中でも三菱UFJが強かった印象。流石世界に誇るメガバンクである。

ソフトバンクも前日比マイナス3円の1,415.5円と親会社の賑わいとはずいぶん違う動きとなってしまった。

本日のまとめ・反省

14時頃は大分下がってしまったが、そこから日経平均に連動する形で押し目買いの様なチャートになったと思う。

ここ数日は金融株がグングン上げていたから、どこから利益確定組によって戻されるだろうとは思ってはいた。

まぁ、そこまで極端に下がってないので一安心。

あとは3月末に向けて、少しずつ上げていって貰えれば◎。

買いポジションの金額も大きくなってきたが、金融株に関しては3月末に向けて上昇する余地が十分あると思っているので、暫くホールド予定。

もし、今日の終値よりも5%くらい値上がりしたら、一旦は利確するかもしれないが、基本的には3月末に向けて少しずつ上げてくれれば良いと思う。

2021/2/9現在の資産残高

今日は金融株は全体的に下がったので、前日比で約マイナス37万。

2021/02/09現在の資産残高

三井トラストと三井住友は、いずれ3600円から3800円のレンジに突入すると思っているので、多少の上下があっても何の問題も無いだろう。

Twitterでフォローしよう