客付けに有利な住宅設備

賃貸経営を考えるうえで、【どんな住宅設備を導入すると客付けに有利になるのか?】は非常に重要なテーマです。

初期投資は多少掛かりますが、入居者が魅力的に感じる物件にするために、是非導入して欲しい設備を具体的に2点ご紹介させて頂きます。

新規の入居者に人気の住宅設備とは?

基本的に、ひとつでも多くの住宅設備を導入すれば、確実に客付けに有利に作用します。

しかし、コストの事も考えながら優先順位を付けて考える必要があります。あれもこれもと流行の設備を全部導入しようとしても、費用対効果は逆に低くなってしまうからです。

あくまでも費用対効果を考えて、「黒字の賃貸経営をするための投資」という認識を忘れない事が大切です。

  • どの設備投資をすれば家賃が上がるのか?
  • 空室損失を回避するために優先的に導入する設備は何が良いのか?
  • その設備投資は、どの程度の新規入居の訴求力があるのか?

常に上記のような事を自問自答して下さい。

次に具体的に客付けに有利になるような設備投資を2つご紹介しますので、是非参考にしていただければと思います。

①:インターネット接続環境を整える

ウォシュレットやエアコンなどの住宅設備が当たり前になってきている近年、競合物件の差別化を図るのであれば、独身者向け、ファミリー層向けに関係なく、インターネット接続環境を整えることが必須といえます。

入居者自身でインターネット環境を整えるとなれば、回線工事の初期コスト(イニシャルコスト)と毎月の通信料のランニングコストが掛かります。

そのため、「無料でネット接続可能」のキャッチコピーは入居者側にとって非常に魅力的に見えます。

当然、物件オーナーが初期投資の必要が出てきますが、空室損失を回避できる可能性が高くなるし、コストの一部を家賃に転嫁したりすれば、費用対効果が非常に高い設備投資となるのです。

今の時代は、このネット接続環境で周辺競合物件より魅力的な環境を整えると、確実に有利になっていきます。

②:オシャレな照明などで雰囲気を大切にする

不動産投資で成功している私の叔父や、叔父の不動産投資仲間に聞くと、入居者から意外と評判が良い設備が「デザイン性の優れたオシャレな照明」の設置です。

デザイン性に優れた照明を設置するだけで、部屋の雰囲気が全く違ってくるそうです。

管理会社に照明の設置をお願いすると余計な費用が掛かるので、オーナーご自身で注文する人も多いです。

費用対効果を考えるのであれば、リフォームをする機会があった時に、業者に対して「ついでに照明の設置をサービスでやってもらえませんか?」を依頼するのも選択肢のひとつです。

最近ではYahoo!ショッピング楽天市場アマゾンなどのサイトで探せば、オシャレなシーリングライトを低コストで購入する事ができるので、そこで注文して配送先を業者の方に手配しておけば、低コストで証明が設置できるでしょう。

業者はリフォームの仕事を依頼されている立場なので、その程度の依頼は断らないと思います。

是非、低コストで入居者から人気がある照明設備の導入をご検討してみて下さい!

まとめ

不動産投資で、少しでも多くのキャッシュフローを生み出そうと考えた場合、できるだけ満室に近い稼働率が極めて重要な要素になります。

そのために、最大限の費用対効果を考えた投資は、「ネット環境」と「雰囲気の良い照明設備」です。

周辺のライバルとの競争に勝つためには、費用対効果が高く、客付けに有利になるような設備投資を常にイメージしておくことが勝つ条件のひとつなのです。

Twitterでフォローしよう