管理会社の選び方

賃貸経営をするうえで、どんな管理会社を選ぶのかは、極めて重要な要素になります。

良い管理会社を選べば、地方都市や遠隔地でもキャッシュフローを確保できます。

今回は、管理会社には大きく分けて2種類あることや、私の叔父の例を出しながら解説させて頂きます。

管理会社は兼業業者と専門業者がある

管理会社の候補となる不動産業者は、大きく分けると以下の2種類に大別されます。

  • 客付店舗を保有していて、管理も行う【兼業業者】
  • 管理業務を主体とする【専門業者】

上記の2種類の業者の、それぞれのメリットとデメリットを分かりやすくご紹介します。

客付店舗と管理業務を行う兼業業者の特徴

この様な兼業業者は客付けに強さを発揮する傾向があり、フランチャイズに加盟している店舗も多いのが特徴のひとつです。

長所は、やはり自社の管理物件に対して優先的に客付けをしてくれるのが良い部分です。

しかし、デメリットとしては、仲介手数料や広告料目当てに、情報開示が不十分な部分があって、客付けに時間が掛かってしまう事があるのが短所といえます。

管理業務が主体の専門業者の特徴

管理報酬は可能率に連動するのが一般的なので、空室を減らすことがオーナーだけでなく、管理会社の利益にも直結します。

この点は、物件オーナーと利害が一致する点です。

客付けは、他社(客付業者)に外注するので、募集情報をオープンにしてくれるのが長所のひとつです。

情報がオープンだと、入居者の反応も自然と良くなるからです。

その一方で、周辺の客付業者などとの関係があまり良くない場合、客付会社が積極的に動いてくれないなどの困った事態が生じてしまい、稼働率に悪影響を及ぼしてしまうリスクがあるのがデメリットです。

管理会社を選ぶときの心構え

管理会社を選ぶ際は、周辺地域の特性や実情に応じて選ぶ事が大切になります。

特に地方都市などでは、特定の1つの業者が圧倒的なシェアを占めている場合や、多くても3社程度でその地域を事実上支配しているケースも少なくありません。

そのため、地方の文化や習慣、業者同士の関係性などに配慮しながら管理会社を選ぶことが重要になるでしょう。

これらの情報は、物件購入前の現地調査での業者へのヒアリングなどで、事前にある程度把握しておく必要があります。

ヒアリングだけでも、ある程度の事が理解できるので、このヒアリングしている時期に、候補となり得る管理会社を数社に絞っておくこともできるでしょう。

~※業者へのヒアリングについては下記も参考にしてください~

良い管理会社を選べば、遠隔地でも賃貸経営が可能です!

不動産投資で成功している私の叔父の場合、埼玉県在住なのですが、保有している収益物件の殆どは県外の地方都市にあります。

その物件に、叔父が直接足を運んで管理業務をしているわけではありません。

理想をいえば、全ての収益物件が近くに在るに越したことはないのかもしれませんが、叔父の様に遠隔地に賃貸物件を保有しているオーナーはかなり多いです。

不動産投資家としては、保有している物件が、「満室経営」できていれば良いのです。

場所は関係ありません。

叔父の場合、一度現地調査に行っただけで、それ以来一度も訪問していない物件もあるくらいです。

何かトラブルが発生したときは、管理会社が対応してくれるので、オーナーが出向いても実際は何も解決出来ません。

そのエリアに最適な管理会社を選ぶことが出来れば、オーナーは殆ど何もしなくてもキャッシュフローを得る事ができます。

餅は餅屋」の言葉どおり、管理に関してはプロの管理会社に任せておけば良いのです。

まとめ

管理会社には、【客付け主体の業者】と【管理業務が主体の専門業者】があるので、それぞれの得意分野や苦手分野を見極めて、その地域の特性業者同士の関係性などを、総合的に判断しながら先入観を取っ払って選ぶ意識が大切です。

Twitterでフォローしよう