カードローンの【事故歴】

過去に【クレジットの事故歴】がある場合、不動産投資ビジネスでは不利になるのか?をテーマに解説させて頂きます。

金融機関はあなたの信用情報を知っています

一般的に融資を申し込むと、金融機関は必ずあなたの個人信用情報をチェックします。

個人信用情報とは、金融機関が顧客の返済や支払能力を判断するための資料です。

金融機関は、「たとえ小さな金額の借り入れであっても、返済を怠るような人だと、大きな金額を貸しても必ず返済が遅れたりするので、信用できない人である」とシビアに評価します。

そのため、不動産投資に挑戦するなら、あなた自身の個人信用情報に最新の注意を払わなければいけません。

しかし、実際には、クレジットローンや消費者金融などの少額の借り入れについて、意外と軽く考えている人がいるのも事実です。

1万円を借りるとしても、立派な借金です。

返済期限は絶対に厳守しなければ、金融機関から総スカンを食らってしまうでしょう。

もしあなたが、金融機関からの融資を受けて不動産投資ビジネスを展開しようと考えているなら、住宅ローンの返済、クレジットの引き落とし、カードローンの約定返済を、1日たりとも遅らせてはいけないのです。

自分の信用情報を調べる方法

金融機関が参照するクレジットカードやローンの利用状況などの個人信用情報は、国が指定する以下の3つの情報機関によって管理・共有されています。

これらの個人信用情報機関に返済の延滞履歴や事故情報が記録されてしまうと、融資を受ける際の致命傷となります。

返済遅滞などの事故情報は5年間は保存され、その期間は金融機関から融資を受ける事は、ほぼ不可能になります。

不動産投資に挑戦する前に、自分と連帯保証人(妻や親族など)の個人信用情報を確認しておく事も必要になります。

自分の個人情報は、CIC等へ問い合わせをすれば、郵送等によって信用記録資料を取り寄せることが出来ます。

結論

今回の結論は、融資を受ける場合、過去のクレジットやローンの返済が遅れたりした事があると、ブラックリストとしての登録が最低5年間は残るので、ほぼ間違いなく融資はつかないでしょう。

たとえ携帯料金のコンビニ支払いが1回でも遅れたような過去があると、それだけで個人信用情報に傷が付く事を忘れないで下さい。

Twitterでフォローしよう