不動産キャッシュフロー

初心者が知っておくべき知識として、【不動産キャッシュフロー】とは何か?また、キャッシュフローの計算方法や、どんな物件がキャッシュフローを生み出せるのか?を解説させて頂きます。

不動産キャッシュフローとは?

キャッシュフローは、直訳だと「お金の流れ」になりますが、不動産投資の業界では、ローン返済額や諸経費などを差し引いた「手元に残るお金」の事を意味します。

不動産投資キャッシュフローの定義や計算方法は複数ありますが、私が推奨する計算方法は以下になります。

キャッシュフロー=(年間の家賃収入-年間ローン返済-運営経費等-空室損失)

本来は、ここから所得税などの税金を引いて、最終的に手元に残る純利益額を【税引後キャッシュフロー】と位置づけます。

個人の場合、累進課税方式なので、人によって税率が違います。

そのため、税引き前のキャッシュフロー額の事を、一般的な不動産キャッシュフローと認識されています。

どんな物件がキャッシュフローが出やすいの?

不動産投資ビジネスで成功することを目指すのであれば、徹底的にキャッシュフローにこだわる必要があります。

特に資金力が少ないサラリーマン投資家が、キャッシュフローの出ない物件を購入してしまうと、最悪1年未満で不動産投資の世界から足を洗うことになります。

みんなが欲しがる都心の一等地の新築1棟マンションなどは、物件の価格自体が非常に高額です。

この様な高額物件は、意外とキャッシュフローが出にくい物件でもあります。資産価値は高いけど、ローンの返済額や維持費も高いからです。

逆に地方都市にあるマンションや、築年数の比較的古いマンション等の方が、資産価値は低い分、購入価格や維持費も安く、その分キャッシュフローが意外と多く生み出せる場合が多いのです。

キャッシュフローの創出を最優先にして物件の購入し、地道に経営をしていけば、高確率でキャッシュが積み重なっていきます。

地方都市マンションで不動産投資が成功し、それなりの軍資金を貯める事が出来た後に、そこで初めて都心の一等地にある資産価値の高い物件を検討する方が賢明です。

場所や資産価値にこだわるよりも、キャッシュフローを生み出せる物件かどうか?を最優先で決めて下さい!

Twitterでフォローしよう