金融機関に訪問する際は、服装に気をつけよう

金融機関に訪問する際は、第一印象が大切です。そのためにはどんな服装を着れば良いのか?を解説させて頂きます。

第一印象は極めて重要です

金融機関だけの話ではないですが、もしその金融機関に初めて訪れる時は、ビシッとしたスーツを着ていきましょう。

服装や持ち物など、相手の銀行員はあなたの持ち物を何気なくチェックしているのです。

基本的に銀行員というのは、融資をする相手は「お金持ち」、「土地持ち」、「経済観念のしっかりしている倹約家」を好みます。

逆に銀行員が嫌がる相手はどんな人なのか?

それはズバリ、浪費家です。

融資を獲得するにあたって、金融機関から「この人は浪費家だな」と烙印を押されたら良いことは何一つ無いでしょう。

しかし初めて会う人間に対しては、倹約家か浪費家なのかは分かりませんし、相手を判断する最初の材料として「服装」が極めて重要になります。

訪問する際は、仕立ての良いスーツとネクタイをして訪問して下さい。

仕立ての良いスーツというのは、ブランド物という意味ではなく、自分の体型にピッタリ合った(パターンオーダースーツで十分)スーツという意味です。

ロレックスやブランドのロゴが丸見えの物は、逆に浪費家見栄っ張りに見えてしまうので逆効果です。

堅実な倹約家であることをアピールするために、自動車も高級車ではなく普通車で十分です。

面談時には、相手の銀行員は乗ってきた自動車や腕時計、靴などをさりげなく観察します。

面談時間は基本的に営業時間内

面談時間については、基本的に営業時間内の平日9時から15時の間に設定される事が多いですが、もしあなたがサラリーマンなどで平日の昼間の時間帯が難しいのであれば、閉店後の夜に対応してくれる場合もあります。

そのあたりは臨機応変に対応してもらえるので、大丈夫です。

まとめ

面談が可能になっても、必ずしも融資をしてくれるとは限りません。

効率的な行動をするのであれば、融資がほぼ確実だと思えるようになってから訪問した方が良いと思います。

細菌では、新しくアプローチする金融機関だったとしても、最初は電話やメール等でやりとりし、融資の承認が下りた時や、金銭消費貸借契約締結の時に初めて担当者と面談するケースが多くなってきています。

今回の結論は、面談を成功させる確率を1%でも上げたいなら、訪問する際の身なり(衣服・自動車・腕時計・靴)には最善の注意を払って下さい!

Twitterでフォローしよう