合同会社のつくり方

不動産投資の為に、合同会社の設立を決めた場合、具体的にどのようにつくるのかを知りたい人も多いと思います。

そこで今回は、1週間でできる【合同会社】つくり方を解説させて頂きます。

合同会社のつくり方

先日、「不動産投資で【法人化】するなら株式会社?合同会社でも大丈夫?」のページで、合同会社でも不動産投資ビジネスができるという事を解説しました。

それでは具体的に合同会社の作り方をシンプルに解説させて頂きます。

合同会社の設立は決して難しくありません。インターネットの設立支援サイト等を活用すれば、必要な書類が簡単に用意できます。

忙しいサラリーマンでも簡単に設立実務ができるので、是非あなた自身でチャレンジしてみてほしいです。

申請費用は以下のとおり

  • 登録免許税:6万円
  • 定款印紙税:4万円(電子定款の場合は不要です)
  • 印鑑制作費:5千円から2万円
  • 設立支援サイト利用料:3000円から1万円(電子定款作成費も含む)

まとめ

インターネットを活用しながら、設立支援サイトを活用して自分で手続きを行う事で、設立費用は全部で8万円前後で可能なのが合同会社です。

この費用の中には、「登録免許税」、「電子定款(サイトと提携している行政書士が作成)」、「印鑑制作費」、「サイト利用料」全て含まれた総額費用です。

法務局に出向かなくても、郵送のやりとりだけで約1週間程度で合同会社がつくれます。

ちなみに、もし司法書士さんや行政書士などの実務手続きの専門家に依頼した場合は、総額で約15万円前後は掛かると思って下さい。

自分で手続きしても難易度はかなり低いのでわざわざプロに頼まなくてもあなた自身で簡単に合同会社の設立が可能です!

意欲のある方は、是非チャレンジしてみて下さい!

Twitterでフォローしよう