ローンの種類

不動産購入時に活用する、【住宅ローン】【アパートローン】【プロパーローン】の特徴と違いを解説させて頂きます。

3つのローン種類を解説

不動産物件を購入するとき、一般的には①住宅ローン②アパートローン③プロパーローンの3種類があります。

それぞれの特徴を簡単に解説します。

①自分自身が住む家を購入する時の「住宅ローン」

自分が住むために一戸建てやマンションを購入する時に利用するのが住宅ローンです。

用途が本人の居住に限定されるので、一般的に金利は低めの水準になっています。

②審査が早く比較的借りやすい「アパートローン」

名称のとおり、マンションやアパート等の賃貸用不動産の建築や購入等を対象とするパッケージの金融商品になります。アパートローンは以下の様な特徴があります。

  • 融資対象エリアが明確になっている
  • 資金の使途が限定されている
  • 物件評価が定型化されている
  • 住宅ローンよりも融資審査が厳しい

パッケージ化されているので、審査スピードが非常に速いのが特徴的ですが、金利が比較的割高に設定される事が多いです。

③若干ハードルは高いが、有利なことが多い「プロパーローン」

「プロパーローン」は業界用語の様なもので、別名で「事業性融資」とも呼ばれます。

プロパーローンには、以下の様な特徴があります。

  • 不動産投資に限らず、多種多様な一般事業のための融資(設備投資・運転資金のための融資など)
  • 融資審査が定型化されてないので、審査期間が比較的長め

要するに、事業のための融資審査ルートと同じように収益物件の審査が行われるというわけです。

プロパーローンは審査期間が長くて、審査過程も見えにくいため、敷居が高いイメージがあります。

しかし、投資規模を拡大させるのであれば、早い段階から融資枠の大きいプロパーローンに挑戦する事をオススメします。

不動産投資を行っている私の叔父の場合、最初の1棟目と2棟目まではアパートローンを活用していたのですが、3棟目以降は全部このプロパーローンを活用して資金調達をしています。

まとめ

不動産投資に初めて挑戦する人であれば、まず最初はアパートローンを活用する人が多いようです。

その後、不動産投資ビジネスを拡大していく過程で、融資限度額の大きいプロパーローンの必要性を感じていく流れになります。

Twitterでフォローしよう