不動産投資物件の値段交渉

不動産投資物件の値段交渉において、円滑に進めていくちょっとしたコツを解説させて頂きます。

価格交渉がなかなか上手くいかない人へ

物件購入の際には価格交渉をするのですが、買い手側の思い通りに進む事は少ないです。

売主側は「1円でも高く売りたい」、買い手側は「1円でも安く買いたい」という思惑があるので、どうしてもスムーズに進みません。

「これをやれば必ず上手くいく」という方程式は存在しませんが、ちょっとしたコツもあるので、それをご紹介したいと思います。

不動産投資で成功している人の中には、「金融機関を理由にして買主側がある程度の価格を指定して」交渉している人がいます。

買主からの根拠のない価格(指値)を提示されても、即決で交渉成立する事は殆どありませんが、第三者である金融機関の事情を交渉のカードに出すのです。

例えば、売主の希望売却価格が1億円だった場合、「〇〇銀行の担保評価額は9300万円でした。これでは満額融資がつかないので、購入したくてもできません。差額の700万円を割り引いてもらえれば、今日中に決済できます!」という言い方も可能になるわけです。

700万円の値引きが即日可能になるかケースバイケースですがが、不動産投資をしている叔父もこのテクニックを使って、300万円ほどの値引き交渉が成立した事があったそうです。

ただし、この交渉方法は、相対取引(市場を介さずに当事者間で直接売買する方法)の時に有効なテクニックなので、売主側が強気なケース(複数の買付が競合している人気物件)では通用しないと思っておいて下さい。

あくまでも、売主と直接顔を合わせて交渉できて、尚且つ買付の競合がいない場合に使える手段です。

売主側も、少しでも高く売りたい思惑があるので、過剰な値引き交渉は基本的に期待しないのが無難な考え方です。

Twitterでフォローしよう