リフォーム業者の探し方

不動産投資で賃貸経営をする際、マンションやアパートのリフォームの必要性に迫られる時があります。

そんな時に、事前に覚えておきたいリフォーム業者の探し方や、オーナー自らリフォームする【セルフリフォーム】は可能なのかどうか?を解説させて頂きます。

リフォーム業者の探し方

所有している物件が、今住んでいる場所から遠隔地にあったり、地方都市にある場合、知らない土地で物件を購入することになります。

もしリフォーム業者を探すときには、基本的には「他者からの紹介」か「自分で見つける」という2つの方法しかありません。

この2種類あるリフォーム業者の見つけ方の特徴を、それぞれ説明します。

他者からの紹介

知り合いからの紹介であれば、なんとなく安心感があるように感じますが、実際にはリフォーム業者の質を見極める事は、非常に困難なのが現実です。

良心的な価格設定」や、「一定レベルのクオリティ」、「納期の厳守」など、全ての要素を事前に評価することは残念ながら無理でしょう。

知り合いから紹介された業者であっても、完璧な業者などいませんが、自分でゼロから探すよりは、信頼度は高くなる場合もあります。

その地方のことをよく知っている知人や友人、付き合いのある不動産業者などから紹介されたのであれば、一定のレベルにあると思っても良いです。

ただし管理会社に紹介を頼むのはやめておいた方がよいです。

管理会社にとって、オーナーからのリフォーム工事の受注は、【おいしい収益源】になるからです。

「物件オーナー」→「管理会社」→「工務店」という流れでリフォーム工事が発注されるので、管理会社は中間マージンを得ることができる仕組みになっています。

管理会社にマージンを取られてしまっては、料金が割高になってしまい、費用対効果が低くなるので、管理会社に頼まないで下さい。

自分でみつける

紹介のルートが無かった場合、自分でリフォーム業者を探すしか方法がありません。

自分で探す場合、例えばタウンページを活用して、その土地にあるリフォーム業者を探します。

タウンページで、複数の候補になり得る業者をピックアップしておいて、直接電話して問い合わせるのです。

今の世界は、パソコンやスマホがインターネットに繋がっているので、タウンページは必要無いと思うかもしれませんが、タウンページの活用には一定の価値があるのです。

なぜタウンページなのか?

それは、リフォーム業者だけではないですが、インターネット広告には広告掲載料金が掛かります。

さらにその業者が店舗展開している場合、人件費や家賃などのランニングコストが発生します。

このような業者の広告宣伝費やランニングコストが、物件オーナーが発注する壁紙や幅木に価格転嫁されるのです。

そうなると、当然ですが割高料金になってしまいます。

本当に狙うべき業者は、インターネット広告を出さずに、店舗展開もしていない「一人親方」や、「家族経営」でやっているような小さな工務店が狙い目なのです。

この様な地方都市の小さな工務店の方が、費用対効果が高い場合が多いのです。

その様な地元の工務店を複数ピックアップしておいて、料金や納期などを比較しながら決めれば良いのです。

インターネットにホームページが無い工務店でも、クオリティが高い業者はいくらでもあります。

経費削減のためにセルフリフォームは可能?

少しでも経費を節約したいオーナーの場合、自分でリフォームを考える人もいると思います。

セルフリフォームや最近流行っている「DIY」が得意な人の場合、是非自分でやってみたいと思うのであれば、それも選択肢のひとつだと思います。

しかし、私個人の意見を申し上げるとすれば、リフォームは専門業者に外注した方が良いと思っています。

なぜなら、セルフリフォームの手間を時給に換算して考えた場合、「本当に物件オーナーがやるべき仕事なのか?」と感じてしまうからです。

オーナーがやるべき仕事は、壁紙の張り替えなどではなく、「いかに満室経営に近づけ、それを長期間維持するためにやるべきこと」を考えるのが仕事だと思っているからです。

不動産投資ビジネスの心髄は、物件の購入、金融機関の開拓、そして【家賃収入で利益を最大化させる仕組みを構築すること】にあります。

外注できる部分はお金を払ってでも専門業者に任せ、物件オーナーは「経営」に専念した方が、利益率も向上し、投資規模の拡大につながっていくことが多いです。

セルフリフォームするよりも、専門業者にお願いした方が、スピードも早いし、仕上がり程度も良くなります。

短期間で仕上げてもらうことによって、1日でも早く空室損失を最小限にすることができるし、プロが仕上げた内装によって、新規の入居者が決まる可能性もきっと上がるでしょう!

まとめ

今回のまとめは以下のとおりです。

  • 遠隔地のリフォーム業者は、他者からの紹介か、自分で見つけるかの2つしかない
  • 管理会社にリフォーム業者を紹介してもらうのはやめよう
  • ホームページが無い工務店でも、クオリティの高いところはある
  • セルフリフォームよりも、プロの業者にお金を払って、少しでも早く、少しでも仕上がりの良い内装にしてもらった方が良い

Twitterでフォローしよう